2010年08月21日

次の洋書

次の洋書はこれにしました。


Harry Potter and the Chamber of Secrets (US) (Paper) (2)

Harry Potter and the Chamber of Secrets (US) (Paper) (2)

  • 作者: J. K. Rowling
  • 出版社/メーカー: Scholastic Paperbacks
  • 発売日: 2000/08/15
  • メディア: ペーパーバック




第一巻の『Harry Potter and the Sorcerers Stone』を読んでから
随分たつのですが、続きを読んでみたくなり購入しました。

理由は、2つです。
1つ目の理由は、多聴多読マガジンのCDを聴いていたら、
ハリーポッターはよく出来た話だとコメントしていたからです。
1巻ではストーリにあまり関係しないような人物or物(?)が、7巻では大きな役割を持つとか、
あるいは違った形でストーリーに影響してくるとかいうコメントだったと思います。
そういわれると、最後まで読んでみたくなりますよね。

2つ目の理由は、子供が日本語版を全て読破しており、映画よりも
小説の方が断然面白いといっていたからです。
素直に日本語版を読むという手もあったのですが、少し見栄を張ってしまいました。

昨日届いたので、ちょっとずつ読み進めています。


posted by Capt. Jack at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

やっと読み終えたペーパーバック

『Drop Shot』読み終わりました。


Drop Shot (Myron Bolitar)

Drop Shot (Myron Bolitar)

  • 作者: Harlan Coben
  • 出版社/メーカー: Delacorte Press
  • 発売日: 2007/08/28
  • メディア: ハードカバー




過去のブログの記事を見てみると、どうやら今年の1月ころから読み始めていたようです。
1冊読むのに半年かかるという、超スローペースです。

スローペースになった理由のひとつは、洋書を読んでいる余裕があまりなかったこと
でしょうか。

出張の移動時間とか、病院の待ち時間とかには、大体洋書を読むことが多いのですが、
ここしばらくは、仕事のことを考えたり、TOEICの勉強をしたりで
ゆっくりと洋書を読むという気分ではなかったように思います。

スローペースになったもうひとつの理由は、"話の先が気になってしかたがない"というほどは
面白くなかったということでしょう。

前作の『Deal Breaker』もそうでしたが、前半は話の展開が比較的ゆっくりなため
つい先を読みたくなるという気分にはなりませんでした。

残り1/4くらいになると話が動き出すのですが、『Drop Shot』に関しては、
ほぼ予想通りの展開で、ちょっとがっかりです。

次は、何を読もうかな。



posted by Capt. Jack at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月27日

時々洋書

本日も語彙増強を中心に学習を進めています。

スーパー英単語を音読しているのですが、
しばらくやっているとノドが疲れてきます。

疲れた時に読むのがこちら。

Drop Shot (Myron Bolitar)

Drop Shot (Myron Bolitar)

  • 作者: Harlan Coben
  • 出版社/メーカー: Delacorte Press
  • 発売日: 2007/08/28
  • メディア: ハードカバー





Myronシリーズの第2作です。

1作目の『Deal Breaker』は、残り1/4くらいからラストにかけて
面白かったので、その勢いで続編を買ってしまいました。

あくまでも、疲れた時の気分転換に読んでいこうと思います。

posted by Capt. Jack at 23:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月22日

後半面白くなってきました

HARLAN COBENの『Deal Breaker』が面白くなってきました。

最初の方は、あまり面白くなくって、手にとっても数頁読んで、また本棚というパターンの繰り返しでしたが、後半になって話が面白くなってきました。

あと70頁くらいなので、今週末までには、読み終わりそうです。

Myronシリーズの2作目も買ってみようかな。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっとお願いします。





posted by Capt. Jack at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月20日

アガサ クリスティーの次は…

アガサ クリスティのこの本を読み終えましたので、
次の本を選んでみました。



今度の本は、こちらです。


この本を選ぶにあたって、こちらのサイトを参考にさせてもらいました。
http://www4.ocn.ne.jp/~mayume/PAPERBACK.htm

英語の難易度が一番やさしい(シドニーシェルダンと同程度)ものの中で、一番話が面白そうだったというのが選んだ理由です。

昨日、アマゾンから届きましたので、少しずつ読んでいこうと思います。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっとお願いします。
posted by Capt. Jack at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

洋書の整理

以前、どなたかが紹介していたウェブ本棚に洋書を整理してみました。

http://booklog.jp/users/captjack

まだ整理途中ですが、スペースを気にせずに、表紙を並べられるのは
ウェブ本棚ならではですね。

時間ができたときに、語数と感想でも書いてみようかな。


にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっ

とお願いします。
タグ:洋書 本棚
posted by Capt. Jack at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

アガサ クリスティ読んでみました。

仕事がひと段落ついてから、初めての出張でした。

出張の前日に、新幹線の中で読む本を選ぼうと、
本棚をごそごそしていたところ、
随分前に買っていたアガサクリスティの文庫本を見つけました。



久しぶりの小説なので、楽しみにしていたのですが、
いざ、読み始めてみると、意味をとれないところが意外と多く、
ちょっとショックでした。

ただ、わからないところは気にせずに読み進めていると、
少しずつ理解度が上がってきて、帰りの新幹線の中では
それなりに、楽しめるようになりました。

読書も継続することが大切ですね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっとお願いします。
posted by Capt. Jack at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

次の洋書

『Totto-chan』を読み終えたので、
次の洋書を購入しました。

買ったのは、『Happy for No Reason』です。


本当は、次の洋書を買うのは、もう少しあとの予定だったのですが、
『「脳にいいこと」だけをやりなさい!』が読みたくなり、
その原書である、本書を購入しました。

一昨日、Amazonで注文したら、本日、届いておりました。

カバンの中に入れておいて、時間が空いた時に読もうと
思って買ったのですが、思ったよりサイズが大きかったです。

私が持っているペーパーバック(シドニーシェルダン等)と比べると2回りくらい大きいと思います。

しかも、表紙のHappy for No Reasonの字も大きいので、
出先で読むのは、ちょっと恥ずかしいかもしれません。
#Happyって書いてある本を読んでいると、不幸な人と思われるかと…。

というわけで、自宅で少しずつ読み進めようと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっとお願いします。

タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

出張中の英語学習(洋書)

明日から出張です。
1週間か、10日か…。

とりあえず、移動中は洋書でも読んでみようかと思っています。
で、読みかけの「窓際のトットちゃん」があったのですが、
ここしばらく、探してもみつかりません。

と書いていたら、ふと、記憶がよみがえりました。
そう、子供の運動会を見に行ったときに、
暇な時間に読もうとリュックの中に入れていたんだった。

いやー、ブログっていいですね。
探しものが出てきました。

というわけで、出張の移動時間には、トットちゃんを読みます。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっとお願いします。
タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

The Science of getting Rich

以前、『英語は逆から学べ トレーニング編』のボーナストラックの
録音の特徴について紹介しました。

今日は、内容についてです。

どうやら、richになるための本を朗読しているようです。
"the right to be rich"とか"the science of getting rich"
といった単語が出てきます。

ちょっと興味を引いたので、、"the science of getting rich"で
検索してみると、1910年に書かれた
『The Science of Getting Rich』というのがありました。

本を全文(?)紹介しているサイトもあり、ボーナストラックの音声と
比較してみると、まったく同じでした。

英語を勉強するつもりで聴いていると、知らない間にお金持ち。
これは、うれしい副作用ですよね。

Audio Bookでも買ってみようなか。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽっちっとお願いします。
posted by Capt. Jack at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月24日

今読んでいる洋書

今読んでいる洋書はこれです。



本棚を整理していたら、出てきました。
少し読みかけて、そのままになっていた本です。

少し前に読んでいた『How to Stop Worrying and Start Living』は、
まだ読み始めたばかりだったのですが、気楽に読める『Totto-Chan』を
手に取ることが多くなりました。

文庫本なので、カバンに入れておくのにもちょうどいいですし、
しかも、面白い。

まだ、最初の方しか読んでないのですが、トットちゃんの変人ぶり、
トモエ学園(?)の先生の暖かさなど、すごく楽しめます。

『How to Stop Worrying and Start Living』は『Totto-Chan』の
あとになりそうですね。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

100万語達成!

昨日、これまでに読んだ本の語数を数えてみたら、
100万語に2,000語足りませんでした。

次の本を何にしようかと思っておりましたら、
昔読みかけた本が出てきました。

『How to Stop Worrying and Start Living』


Dale Carnegieの本です。
邦題は、『道は開ける』。
1年くらい前に買った本だと思います。

ビジネス本(?)で100万語を達成するのも良いかなと思い、
10頁ほど読んでみました。
1頁で500語くらいあるようなので、めでたく
「100万語達成!」
となりました。

次は、200万語目指してがんばります。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
タグ:洋書 多読
posted by Capt. Jack at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

多読 100万語達成ならず。

本日、『My humorous world』を読み終えました。
語数を検索してみると、31,000語。

『If Tomorrow comes』を読み終えた時点で、
967,000語だったので、合計すると、998,000語!

なんと、100万語に2千語足りてません。
早く、次の本をさがさねば。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
posted by Capt. Jack at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

次の洋書決めました

次の洋書決めました。

候補としては、
・kkduckさんに教えて頂いたメアリー・ヒギンズの本
・オーソドックスにHarry Potter
・映画の原作本
などを考えていたのですが、結局これにしました。
My humorous world
最近、ちょっと疲れ気味なので、気晴らしに「お笑い系」を
選んでみました。

いわゆる「洋書」というものとはちょっと違いますが、
以前読んだ『My Humorous Japan』『My Humorous Japan part2』では、
随分笑わせてもらったので、この本も大丈夫でしょう。

エッセイ集なので、ちょっとずつ読めますし、かさばらないのも
いいですね。

普通のペーパーバックも、もう少し薄いといいんですけどね。



にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽちっとお願いします。

タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 23:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

『If Tomorrow comes』読み終えました

『If Tomorrow comes』読み終えました。
最後まで読んでみると、結構面白いです。
気楽に読める本です。

ちょうど、ちょっと前に見た『オーシャンズ13』のようです。
暴力的なシーンがなく、ちょっとしたトリックがあって…。

この手の本は、気晴らしに読むのにちょうどいいです。

いつからこの本を読んでいたのか気になったので、
自分のブログを見てみると、5月から読み始めているようです。
2ヶ月半かかってます。

この本の頁数は約400頁ですので、5.3頁/日。
語数だと、121,500語ですので、1620語/日となります。
#とりあえず、読書の速度を出して見またが、
だから何って感じですね。

総語数は、『Rage of Angels』を読み終えた時点で、
846,000語だったので、121,500を足すと…、
967,000語!

100万語まであと少し。

お、ここで、計算した読書の速度が役に立ちます。
このままのスピードで読書を続けると、
100万語達成の日は、約20日後。
8月の上旬には、「多読100万語達成」というブログを
書けそうですね。

早速、次の本を探さねば。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽちっとお願いします。
タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月29日

出張中の英語学習

今回の出張中も、ほとんど英語の勉強ができませんでした。

移動中に『If Tomorrow Comes』を読んだくらいです。
#残り、90頁です。

『英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング』も
カバンに入れていったのですが、移動中はペーパーバックに
手が伸びてしまいます。

約1週間、同じ場所に滞在していたのですが、
最終日まで、仕事がもつれたため、宿での英語勉強はゼロ。
自宅まで戻ってくる移動中に、再びペーパーバックという始末です。

WritingとSpeakingの試験対策、これからスパートかけますか。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村 英語ブログへ
タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月16日

出張中の英語学習

今回の出張では、あまり英語の勉強ができませんでした。
やったのは、次の2つくらいです。

1.洋書
2.NHK英語番組

洋書は、移動中に『IF TOMORROW COMES』を読みました。
今、240頁(全400頁)まで読んだので、6割ですね。

NHKの英語番組は、久しぶりに見ました。
最近、自宅では、ほとんどテレビを見ないので、
テレビ番組を見ること自体久しぶりです。

というわけで、うわさの『リトル・チャロ』を見たのも初めてです。
なかなか、面白かったと思います。

チャロだったか、他の番組だったかで(もう、記憶がおぼろげ)、
「この表現は覚えておこう」と思ったものがありました。

call it a day:今日は、このあたりで切り上げる

ブログの終わりに、この表現はつかえないのだろうか?

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽちっとお願いします。
posted by Capt. Jack at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

今読んでいる洋書

今読んでいる洋書はこれです。




150頁くらい読んだので、全体の1/3強というところでしょうか。

罪のない人を陥れた悪人が、その報いを受ける。
ちょっと、水戸黄門的ではありますが、
やっぱり、こうでなくてはいけません。

ただ、Sidney Sheldonは、4冊目なので、そろそろ
違う作者の作品も読みたくなってきました。

英語学習者向けの本で、Sisdney Sheldonの次にお勧めって
誰なんでしょう。
ちょっと、調査してみようと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村 英語ブログへ

タグ:洋書
posted by Capt. Jack at 22:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

『Rage of Angels』 読み終えました。次は…

ようやく、『Rage of Angels』 を読み終えました。

TOEIC対策とかをやっていたおかげで、
随分長いこと読んでいたような気がします。

Sidney Sheldonの本は、『The Sky is Falling』
『Master of the Game』に続いて、3冊目ですが、
私は、『Rage of Angels』が一番好きです。

まず、美人弁護士が主人公というのがいいです。
あと、Michael Morettiというマフィアが出てきますが、
結構格好よく、イメージの中では、アル・パチーノです。

映画とかにしても、結構面白いんじゃないでしょうか。

そして、次に何を読むか…。
もう少し、Sidney Sheldonを読んでみようと思います。

少し、調べてみて、面白そうかなと思ったのが、
『If Tomorrow Comes』
『A Stranger in the Mirror』
『Morning, Noon & Night』
です。

で、どれにするかですが、Amazonのランキングが上位のもの
ということで決めました。

まずは、『If Tomorrow Comes』から読んでみようと思います。

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ←時々、ぽちっとお願いします。
posted by Capt. Jack at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 洋書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。