2007年09月17日

シャドーイング

今日のメニューはこちら。

1.英語(発音練習):10分
2.英語(シャドーイング):15分
3.ストレッチ:20分
4.腕立て:40回
5.スクワット:50回

シャドーイングに苦戦している。
使っている英文は、以前に紹介したK/Hシステムのものである。
K/Hシステムでは、同じ英文を使って、徹底的にシャドーイング訓練をする。

英語の音とリズムを体得するために、「ストレスがある音節は子音から強く発音する」とか、「ストレスのない母音は曖昧母音で軽く発音する」といったことに注意しながら、シャドーイングする。
これが、難しい。
意識すると、一瞬考えてしまうため、英文のスピードについていかなくなる。

テニスやゴルフを始めるときと同じで、最初はどうもぎこちなくなる。スムーズにできるようになるには、なんども繰り返し練習するしかないというのも、テニスやゴルフと同じだろう。

地道にやっていくか。
posted by Capt. Jack at 01:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 音節音節(おんせつ)とは、シラブル(英語 syllable)ともいい、1個の母音を音節主音(おんせつしゅおん。英語 syllabic)とし、その母音単独で、あるいはその母音の前後に1個または複数個の子..
Weblog: 英語学習教習所
Tracked: 2007-10-01 13:51
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。