2010年03月22日

英語学習用MP3プレーヤー:iPod→Walkmanに変更

英語学習にはかかせないMP3プレーヤー。
長年愛用していたiPod nano(8GB)が容量不足になってきたので、
新しく買い換えました。

買ったのはこれです。


SONY ウォークマン Aシリーズ <メモリータイプ> 64GB ブラウン NW-A847/T

SONY ウォークマン Aシリーズ <メモリータイプ> 64GB ブラウン NW-A847/T

  • 出版社/メーカー: ソニー
  • メディア: エレクトロニクス




64GBあれば、しばらく大丈夫でしょう。

というわけで、早速iPodのデータを移してみましたが、
いやはや、結構てこずりました。

iTunesのデータをxアプリに取り込んで、xアプリ上からWalkmanに
転送したのですが、途中でエラーが発生して転送が終了してしまいます。

エラーの詳細を見ると、
「xxxが転送できませんでした。ファイルの容量が大きすぎる可能性があります」
とかでるのですが、そのファイルの容量は結構小さいものでした。
#しかも、そのファイルを単独で転送すると、転送できたりします。

あるファイルの転送に失敗したなら、スキップして次のファイルを転送してくれればいいのですが、
転送に失敗すると、そこでとまります。

5000くらいあるファイルのうち、100個とか200個目とかで…。

3回連続で失敗した時点で、xアプリを再インストールしてみましたが、
さらに3回連続で失敗してくれたので、アンインストールしてやりました。
#音楽ファイルは全てCDからリッピングしたmp3ファイルなので、
 転送できないはずはないと思うのですが…。

気を取り直して、iTunesのMusicフォルダをD&Dでwalkmanに転送。
無事、全部転送できました。

Walkmanで確認すると、全てのアルバムが転送されているようす。

が、よく見ると、同じ曲が2つ入っているものを発見。

xアプリで転送したファイルとD&Dで転送したファイルの2つが入って
いることがわかりました。
(xアプリで転送すると、Musicフォルダとは違うフォルダに保存され、
 しかも、ファイル名から曲名が消え、記号の羅列のようになる)

そして、xアプリで転送した曲を削除する場合は、xアプリでやるようにとの記載も発見。

いい加減、嫌になってきましたが、なんとか削除も完了。

これでばっちりかと思いきや、表示の順序がおかしいものを発見。

『スーパー英単語』と『直前模試』で表示の順序がおかしくなってます。
どうやら、2枚組のCDの音楽ファイルが1つのフォルダに入っていると駄目なようです。
ファイル名は、1枚目のファイルが
1-01 xxx.mp3
1-02 yyy.mp3
   :
2枚目のファイルが
2-01 xxx.mp3
2-02 yyy.mp3
   :
となっているので、名前でソートして表示されればよいのですが、
どうやらトラック番号でソートして表示されているようで、
1-01 xxx.mp3
2-01 xxx.mp3
1-02 yyy.mp3
2-02 yyy.mp3
のようになります。

どこかに正しく表示する設定があるのかもしれませんが、少し調べてもわからなかったので、
フォルダーを2つに分けてやりました。

これでやっとデータの転送が完了です。

というわけで、英語に関係がないことを長々と書いてしまいましたが、iPodからWalkmanに乗り換えるときは、気をつけて下さい。
#普通は、こんなに苦労しない?

なお、乗り換えは面倒でしたが、使用感は結構いいです。
英語学習向けの便利な機能もあります。

詳細は、次回報告します。










タグ:TOEIC ツール
posted by Capt. Jack at 00:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 英語学習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは、結局はipodとウォークマンとどっちが英語の勉強に使いやすいですか?
Posted by GY at 2012年04月23日 15:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/144275484

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。