2010年03月15日

TOEIC 玉砕

久しぶりに公開テストを受験しましたが、玉砕です。

準備不足+コンディションの悪さ=玉砕
といったところでしょうか。

準備不足だった原因は、仕事が忙しかったことに加え、
1月のIPテストが895点だったことを2月中旬に知ってしまったことも
あると思います。

目標の900点まであと5点だと、
「ひょっとすれば次回はなんとかなるのでは」という油断が
潜在的にはあったのではないかと思います。

コンディションは、金曜日の夕方から微熱が出たのが発端で、
生活のリズムが崩れ、土曜の夜は3時頃まで眠れなかったのが
よくなかったと思います。
結局頭が回転しないまま、テストに突入してしまいました。

それでも、リスニング最初の方は、なんとかいけるかと思っていたのですが、
Part2の途中で、おかしくなりました。
質問も選択肢も完全に聞き取ったと思ったのに、正解が見つからなかったのです。
選択肢が聞き取れなかった以上に動揺してしまいました。

リスニングで動揺するといけません。
次の問題まで影響が出てしまいます。

その後、Part2でさらに数問答えがわからなかったところで、
「もう、900は無理だな」という考えが頭をよぎり、
完全に集中力が途切れてしまいました。

Part3,4に入って問題文の先読みをしようとしても、スピードが出ません。
一回読んでも意味が頭に入ってこなくて、読み返したり、
意味が不明瞭なまま選択肢を選んだりと、悲惨な状況でした。

英文を読むスピードが上がらないと当然リーディングも悲惨です。

part5,6は、目標の20分から5分超過の25分でした。
残り50分で48問ならなんとかなるかとも思いましたが、
ペースは落ちる一方で、途中、かなりいい加減にマークしても
数問分時間が足りませんでした。

今回は、800点を切ったかもしれません。
いちから勉強のやり直しですね。


ラベル:TOEIC
posted by Capt. Jack at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。